記事一覧
カテゴリ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸のメリットとデメリット

あなたにとって快適な住まいとはどのようなものでしょうか。
掃除が行き届き広々としたリビングでゆっくりお茶を飲む、一日仕事で疲れた体を湯船につかってのんびりいやす…などなど、人によって多少違うかもしれませんが、やはりくつろげる心地よい自分の空間ということでは共通しているのではないでしょうか。
このようにわたしたちの暮らしに大きな意味をもつ住まいですが、よく議論されるのが賃貸アパートに住むか、マンションを購入するかということです。
どちらが得なのでしょうか。
家賃は一生払い続けても結局は自分の資産は何もえられないけれど、住宅を購入するなら毎月家賃程度のローン返済で自分のものになるという考えが一般的でしょう。
でも、一概にどちらがいいということはできません。
それぞれにメリットとデメリットが存在するからです。
賃貸住宅のメリットは何でしょうか。
それは、やはり気軽さでしょう。
賃貸なら自由に住み替えができます。
家族が増えて手狭になれば、もっと広いところに引っ越すことがすぐに可能です。
また、古くなれば、新築に移転することもできます。
住宅にかかわる修繕も大家さんにまかせることができます。
デメリットはやはり毎月の家賃を支払い続けること、そうしても自分のものにはならないことです。
では、購入のメリットは何でしょうか。
毎月のローンの支払いで家が自分の資産になることです。
また、内装や間取りを自分のライフスタイルに合わせて選べるのも大きな魅力でしょう。
一方デメリットとしては、転勤があったとき、また周辺の環境の変化があったとき気軽に住み替えができないということです。
また、購入時ローンの頭金やその他初期費用がかなり必要です。
また、ローンの返済期間が35年間ならその期間ずっとローンに縛られることになります。
それなりの収入が若い頃から年配になるまでなければなりません。
人によってはその面で不安だという場合もあるでしょう。
ですから、自分と家族のニーズをよく考えてどちらを選ぶか検討することが必要です。

賃貸アパート関する情報のサイトは、こちらがオススメ

  • 巷で人気の賃貸アパートのサービスあれこれ集めました。このサイトでもっと賃貸アパートを楽しもう